FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマゾンチドメグサの葉に穴が開きました

アマゾンチドメグサの葉に穴が開きました。
葉に穴が開いたアマゾンチドメグサ

原因は、肥料不足のようです。

底面フィルターにする前は、底床の中に肥料を埋めてました。
それで水草の調子は良くなりましたが、ひとつ難点が・・・・

それは、底床を掃除すると肥料が出てきてしまうことです。


ネットを見ると、自分で簡単に液体肥料を作れるみたいなので、自作して添加しようと思います。



スポンサーサイト

田砂に底面フィルターをエアリフト方式で導入

水槽をリセットしました。
水草のトリミングも行いました。

リセット後の水槽

リセット後の水槽(左側) リセット後の水槽(右側)


底面フィルターを外部フィルターに接続するつもりでしたが、やってみたらパイプの径が合わなくて出来ませんでした。

しょうがなくエアリフトで底面フィルターを動かしてます。
濾過能力は、外部フィルターへ接続するより高いと思います。
(底面フィルターと外部フィルターが独立して動いているため)

難点は、Co2添加の効果が薄くなりそうなことです。
これについては、Co2溶解濃度を測定して確かめてみたいと思います。

また、底面フィルターで底床の中の温度が水温と同じになるかも確かめたいと思います。



水中ポンプによる水温の上昇

底面フィルターに使う水中ポンプを探しているときに、「水中ポンプは、水温を上昇させる」という書き込みを見つけました。

影響度合いは、室温や水槽の容量によると思います。でも、水温が30度近くになる真夏のことを考えると、水温が上がる要素を増やしたくありません。

外部フィルターで水温が上がった経験もあるし、水中ポンプはやめようかな。



底面フィルターと外部フィルターを独立して動かそう

外部フィルターと底面フィルターを一緒使っている人に、使用感を聞かせてもらいました。

底面フィルターは、外部フィルターに接続せずに、水中ポンプで水を循環させているそうです。
「これなら底面フィルターが詰まっても、外部フィルターで濾過できるし。ポンプもそんなに目立たないよ」

やっぱり水中ポンプ使った方がいいかなと思い始めました。
改めて考えると、別々の方が底面フィルターが詰まりにくくなって、リセットの回数が減るんじゃないか?


新宿のアクアフォレストへ行って、水中ポンプ見てきます。



田砂の通水性テスト

田砂で底面フィルターを設置するに当たって、田砂がどのくらい水を通すのか気になりました。

そこで田砂の通水性の実験をしてみました。

ペットボトルの口をガーゼで塞ぎ、田砂を入れた上から水を注ぎました。



安い浄水器のような水の出かたです。
実際には、水圧と外部フィルターのポンプの吸引があるので、もっと水の流れはいいと思います。



底床の田砂が汚れにくい環境を考える

底床にしている田砂が、汚れにくい環境を作りたいと考えています。

考えた結果、底面フィルターを導入することにしました。
ここで課題がいくつか出てきました。

・動力は何を使うか(エアリフト、外部フィルター、水中ポンプ)

水中ポンプは、水槽の中に物を増やしたくないのでやめました。
エアリフトは、Co2を添加しているのでやめました。

動力は、外部フィルターに決定です。

・水を吸い込むか、吐き出すか

外部フィルターから底面フィルターへ水を吐き出すと、シャワーパイプが使えなくなってしまいます。
シャワーパイプの水流は残したいので、底面フィルターから吸い込む方式にします。

・底面フィルターへ田砂が入るのを防ぐ方法

これが悩むところです。田砂は細かくてコリドラスはお気に入りなんですが、底面フィルターにすると中に入ってしまいそうです。


100円ショップへ行って、入るのを防ぐのに使えそうなものを探してみます。



田砂を掃除すると、魚が病気になったり死んだりする

最近、コリドラスエロモナス病にかかって死にました。

エロモナスになったとき、何が起きたか考えてみました。
田砂を掃除したり、水草のレイアウトを変えた後に発病した気がします。

底床には、田砂を5センチほど敷いています。
田砂をいじったときに、汚れが舞い上がったのが原因と思われます。

水槽をセットしてから1年ぐらい経ってるし、大掃除が必要かな。
早速、週末にやろうと思います。



コリドラスのエロモナス病を治療中

エロモナス病にかかっているコリドラスを治療しています。
コリドラスのエロモナス病を治療中

日本動物薬品株式会社のHPの治療法を参考にしました。
観パラDを規定量の半分の濃度で入れ、食塩浴(0.5%)を併用しています。


回復してくれるといいなあ。



コリドラス(カウディマクラートゥス)の動画

コリドラスカウディマクラートゥス)の動画です。



ゆるやかな流れを作るためにシャワーパイプを工夫

外部フィルターのシャワーパイプを付属の説明書通りに設置したら、水流が速すぎました。
おまけに、水が出るところに黒いコケが生えました。水流が速すぎると生えるみたいです。

水流がゆっくりになるようにシャワーパイプを工夫しました。
シャワーパイプの位置と方向

・シャワーパイプの穴をドライバーで大きくしました。
・水が出る向きを少し上に向けています。


水流がゆっくりになったら、シャワーパイプと水草にコケが生え難くなりました。



トリミングとレイアウト変更と水換え

水を交換するついでに、水草のトリミングをしました。
これがトリミング前の状態です。
アマゾン・チドメグサ トリミング前 タイ・ニムファ トリミング前

トリミング後の状態がこれです。
アマゾン・チドメグサ トリミング後 タイ・ニムファ レイアウト変更後
アマゾン・チドメグサの高さを低くしました。
タイ・ニムファの場所を変えようと思いひっぱったら、根の張りが良くて球根から茎が抜けてしまいました。
球根が問題なければ再生するので、移動先に球根を埋めました。



小型水槽に過密飼育をして失敗

アクアリウムを始めた頃、いろんな魚を飼ってみたいと思いました。

その欲望のまま仲間を増やすと、あっという間に水槽が過密になってしまいます。

僕の場合は、以下のような過程で過密飼育になりました。
・アカヒレが縄張りをめぐって喧嘩をするので、アカヒレを増やす。
数が増えると喧嘩の相手が増えるので、特定の魚が狙われるということが少なくなります。

・コケが生えたので、それを食べてくれるオトシンクルスとミナミヌマエビを追加しました。

・一目惚れしたコリドラスを追加しました。


最大の失敗は、水質が安定しない状態で過密飼育になってしまったことです。



小型水槽のCo2添加に失敗

小型水槽でアクアリウムをしていたとき、水草のためにCo2を添加していました。

添加する量の調節が、すごく難しかったです。
おまけに日によって添加される量が微妙に変化します。
大きな水槽なら誤差で済まされるかもしれませんが、小型水槽は水量が少ないので
無視できません。
結局、水質は安定しないし、水草もきれいに育ちませんでした。
今から思えば、添加するのが早すぎたかなと思います。


co2添加する前に、水質を安定させCo2添加が本当に必要なのか検討すれば
良かったと思います。



小さいアカヒレ(コッピー)と大きいアカヒレを一緒にして失敗

アクアリウムを始めるきっかけは、相方さんが買ってきた小さなビンに入った
アカヒレコッピー)の子供です。

最初、2匹のアカヒレは仲良くしてたんですが、しばらくすると喧嘩をするようになりました。
調べるとアカヒレは、縄張り争いをする習性がありました。
夏が近づき小さなビンでは水温が上がりすぎる危険もありました。

喧嘩と水温の問題を解決するために、小型水槽を買ってアカヒレを移しました。
いじめられたときに隠れられるように、少し水草を入れました。


これで大丈夫だと思い、繁殖に挑戦しました。
熱帯魚屋さんでアカヒレを3匹買いました。最初のアカヒレと比べると、倍ぐらいの大きさです。

この3匹が、小さな2匹を巻き込んで縄張り争いを始めました。
小さな2匹は、追いかけ回されて弱って死んでしまいました。


追いかけ回されていたときに、タッパか何かに隔離すれば助けられたのに。



たくさんの失敗を乗り越えて

僕は小型水槽(テトラRG-20 容量9L)でアクアリウムを始めました。
こじんまりとやりたかったもので・・・

アクアリウムに詳しい人に
「初心者が小型水槽やるのは難しいよ。水量が少ないから環境を安定させるの難しいし少しの変化が大きく影響するよ。」
と言われました。

気を付ければなんとかなると思って始めましたが、上手くいきませんでした。

まず、どんな状態がベストなのかわかりませんでした。

その間にも環境が悪いせいか、魚が死んだり、コケが生えたり、水草が溶けたりしました。

環境を改善しようとして、数々の失敗をしました。


60cm水槽には、その失敗が生かされています。
(60cm水槽でも、結構失敗しましたが・・・)


諦めず原因を考えることが大事だと思いました。



ブログランキング
プロフィール

水草庭園

Author:水草庭園
60cm水槽でコリドラス(レオパルドゥス、カウディマクラートゥス)、アカヒレ、レッドビーシュリンプ、ミナミヌマエビを育てています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Google AdSense
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。